榎倉康二関連企画展感懐

榎倉康二氏に縁のある人々が集い、展覧会やシンポジウムが開かれたわけだが、色々な思いが沸いてくる。

「梅の小屋」通信、榎倉康二の文章を抜粋して載せる作業を続けるかどうかも、迷いが生じてきた。通信の発端は、太田三郎という美術家がFBで「もの派」のパロディー「のも派」なるものを始めたのがきっかけだった。犬の小便跡や、農作業小屋のビニールシート、植木鉢の形にひっくり返った土の塊などに「もの派」をなぞらえ、それなりに毒の含まれたものだった。世間にそれほど知られているわけではない「もの派」がますます誤解を受けないために、私も何かしなければとそれから思い始めた。それは私の師榎倉康二氏が一応「もの派」の作家とされているためで、榎倉氏が誤解を受けることは私にとって面白いものでは無い。榎倉氏父母が住んでいた「梅の小屋」管理者として、氏の言葉をFBで、次には梅の小屋HPで細々と語録を進め始めた。

そんな経緯だが、太田氏うんぬんどころではなく、美術界というもの、世代間のコミュニケーションも一筋縄ではいかない。榎倉氏も他大学どころか、藝大内部でさえ反発する人が多かった。トップランナーの辛さか、正直な人柄と発言を信頼する人も多い反面、嫉妬する人間も多いのが実情。また、今回改めて感じたのは、世代間の感覚の違いだ。氏の生前の姿を記憶している人は、38歳以下ではほぼいない。現代の20代は、デジタル環境を身体的に受け入れてきた世代だ。彼らはその当時の「もの」「物質」「空間」「世界」をどのように咀嚼するのだろうか。

語録だけ見たところで、誤解が広がるだけではないか?という思いが湧いた。作品が解るということは、検索で出てきた画像を見ることでは無くて、実物を空間で見ることである。つまり作品から直感で受け取ったものが本質であり、それ以上に氏を語れるものはないのだ。語録を続ける私にとっても、それほど報われている気がしない。良くて「危篤な人」、売名行為と揶揄する人もいるだろう。私自身も、自分の専門として作品で意思を訴えていく方がいいのでは?と思うときもある。

それでも私はジャーナリズムやドキュメントの力を信じているので、語録は無駄なものとは思わない。「梅の小屋」が無くなった時、氏の語録がHPとして「梅の小屋」の記憶になるかも知れない。一筋縄でいかないのだから正攻法もなかなか通用しない、ということもわかってつもりだが、なんだか迷いを吐露した。もっと私の意思を発言するべきだったのかも知れない。
[PR]

by isaotoshimori | 2016-01-16 15:05 | アート