自分らしさ

自分らしさ、とは何でしょうか?
誰と比べて、そう判断するのでしょうか?
それとも自分だけで、納得するものでしょうか?

アイデンティティーという英語があります。
例えばアイデンティティー・クライシスというと、自分が崩壊しそうな危ない状態、絵で例えるとムンクの「叫び」なんかがぴったりな状態でしょう。日本語になると、自己同一性という難しい言葉になります。以前、精神分裂病と言っていたものは、現在、自己同一性障害という言葉に代わりました。

自己同一性は、既に得ているものなのか?それとも自分で獲得するものなのか?私は両方あるものだと思います。自分であるために、自分の必要なものを探して、自分を満たす、ということだと思います。世界に一つだけの花であるけれども、咲くためにはそれなりに頑張らないといけない。自分で探す、頑張る、ということは、自分が主体だということです。

アイデンティティーを得るとは、自分らしく生きて行くと言い替えてもいいのではないかと思います。生得的に与えられたものを認めるのは、易しいことかもしれないですが、自分がどう生きたいかを追うことは易しくはない。むしろ大変なことですが、でも自分の人生は重いものです。

更に私たちは、その判断を自由にしていい環境に生きている。自分が言葉にし行動してもいいと認められています。自分らしく生きる権利を持つ、先人たちの、そう生きられなかった苦労の上に出来た、そんな素晴らしい環境がある。先人たちは、私たちを応援してくれているはずです。

私は教えもしていますが、教育に関しても、他から与えられるものでは無く、自分が主体的に身に付けていくものだと考えています。だから生得的に与えられたものだけでいい、世界に一つだけの花だからというのは、教育ではないと思いました。

そしていくら自由だからと言って、人を害していいはずがない。いじめは昔からありますが、それが当たり前になっていないか心配です。いじめられる側が非人間的扱いを受ける問題もさることながら、いじめる側に回る人間は、まったく自分を大切にしていないという大問題があります。人の不幸を楽しむことが自分らしさであるはずがない、自分らしさが人を不幸にするという話にはならない。訳もなく追随して振り回され、自分の幸福を追求出来ないことは、はっきり言って不幸だ。いじめに加担することに時間を費やすのは、最も無駄な時間の使い方です。

少しでも自分らしさを伸ばし、幸福になる。だから自分が主体であり、自分らしさを追求することは、大切な考え方だと思います。
[PR]

by isaotoshimori | 2017-03-19 11:32 | 日日に