小川巧記氏の死を悼む

先月、小川巧記氏が不慮の事故で亡くなった。彼の代表的な仕事は、愛知万博「愛地球博」と、横浜Y150博のプロデューサーである。切り口は「市民参加」、市民主体で興す創造、社会的事業を盛り上げる仕事だった(ざっくり過ぎるまとめ方をお許し頂きたい。)。私は横浜Y150博でお世話になった。「また、お話したい。」とおっしゃられていたのに、その機会は永遠に失われてしまった。

彼のした仕事は、未来にとってはなくてはならない仕事だったと思う。3.11震災以降のNPO、NGOのめざましい働きは、今や社会に必要不可欠なものとされている。それを思うに付け、彼はその一翼を十二分に担ってきたのだと確信する。

「市民参加」は難しい仕事だ。その難しさは、横浜Y150博の期間中私も十分感じることが出来た。彼らエージェントたちは、市民一人一人と公平に、辛抱強く向き合い、しかも十分な後押しを行っていた。

彼は、過去の万博を「国家の力」、「企業の力」を見せるためのもの、これからの万博は「市民の力」を見せるためのものと見事に切り取っていらっしゃった。しかし「国家」、「企業」に比べて、「市民」自らプレッシャーと向き合い、自発的にブラッシュアップしていくことは難しい課題だ。それを支援するには長期にわたる取り組みが必要で、博覧会という短期的評価もまた難しい。市民一人一人の成果を、どう数値化しどう評価できるというのだろうか。 困難で評価も受けにくいがどうしても必要な仕事、これからますます必要になる仕事だろう。彼のした仕事がもっと評価され、彼のような人材が更に活躍することを祈りつつ、小川巧記氏の早すぎる死を悼む。
[PR]

by isaotoshimori | 2012-09-01 18:45 | 忘れえぬ人々